地元新潟の買取ハピクルです。

弊社ではエレキギターを買取させていただく機会が実に多いです。

お子様が若い時に使われていた、ご自身で趣味で使用されていたが演奏しなくなったので手放したい。

様々な理由がございますが、この記事では『エレキギターを高く売るための方法』について解説いたします。

エレキギターはなぜ人気があるのか?

エレキギターに限らず楽器を演奏される方は今も昔も多いです。

こだわる方は1本では飽き足らず何本も所持される場合もあります。

私どもも出張買取で伺うと部屋いっぱいにギターが並んでいる圧巻の風景を何度か目撃したのですが、なんでもこだわると所持数が増えるものです。

そういったコレクター気質な方も含め、これから楽器を始めようという方も多くエレキギターの需要はあります。

またヴィンテージの古いギターを敢えて好んで探す方もいることから、古いギターでも需要があるのです。

どんなエレキギターが高く売れるのか?

エレキギターと申しましても数え切れない種類が存在しています。

メーカー、型番などによって相場はピンキリなのが正直なところです。

Gibson(ギブソン)などは購入するときの値段も高いのですが、圧倒的な人気があることから、中古であっても古いものであっても、かなりの高額で取引されています。

当社ハピクルでもこれまでにギブソンを何本か買取させていただいたケースがありますが、いずれも高値での買取となりました。

ギブソン、フェンダーあたりは期待できる価格で買取になることが多いです。

フェンダー

フェンダー

ギブソン

ギブソン

その他ですとヤマハ、エピフォン、BCリッチ、グレコなどなど数多くのメーカーさんが存在していますし、その中でも人気のあるモデルもございます。

一概に言い切れない部分があるのですが、どんなに古かろうが人気のあるギターは当時の販売価格よりも高くなっているギターも存在しています。

もし、ご自宅に弾かなくなったギターが眠っておりましたら、是非ハピクルまでご相談ください。

無料で出張、査定をしておりますし見積もりのみでも大丈夫です。

エレキギターで安くなってしまうもの

エレキギターでも安く取引されてしまうものも多くて、例えば楽器屋さんで初心者向け(入門用)に販売されているギターは市場価格も安くなりがちです。

その場合は数万円で買ったとしても、現在の市場価格は数千円に落ちてしまっているということもあります。

また、故障していたりネックにヒビなどが入ってしまっているものは買取不可、もしくはマイナス査定になることが多いです。

ギターは弦を張ったままにしているとネックという長い部分が反ってしまうこともあります。

そして乾燥、湿気でヒビが入ってしまうものもあります。

どうしても外観、状態で価格は上下いたしますので難がありますと買取価格が下がってしまう傾向がありますね。

ただし、そうは言っても捨てるなんて勿体無いですし、まずは一度だけでも業者に見てもらうのがオススメです。

「えっ、こんなのがこんな値段で?」ということが実はよくあるんです。

エレキギターはどこで売っても一緒でしょ?

色んな買取業者が増えていますが、それぞれ得意不得意があります。

当社ハピクルですと楽器、オーディオに関しては様々な販路(販売する場所)とマニアの顧客様を多く抱えているため誠実な査定が可能です。

あまり販路、顧客を持たない業者ですと「いつ売れるか分からないから」というリスクがあるので、どうしても買取価格を抑える傾向にあるようです。

我々はそこの問題をクリアしておりますので、リスク度外視で買取させていただくことが可能です。

賢い方法としては『相見積もり』と言って何軒か業者に見てもらい査定金額だけを聞くことです。

面倒ではありますが確実に高く売りたいのであれば大事なことです。

私どもは最初でも最後でも良いので、是非査定してもらう業者ということで候補に入れていただければ幸いです。

その際は精一杯のお値段を提示させていただきます。

↓↓お電話は下の番号をクリックorタップ↓↓